教員構成

 自然環境科学プログラムは、地球環境科学大講座、環境生物学大講座、物質循環科学大講座の3大講座から構成されています。

地球環境科学大講座

 大講座では、観測・データ解析や数値シュミレーションを用いた北極~日本の大気海洋現象の解明、衛星画像解析と現地観測によるアジア高山域や日本アルプスなどの山岳環境変動の実態解明、フィールドワークを主体とした新潟平野やその周辺の山地・丘陵地域の地形・地質の生い立ち、とくに活断層や変動地形の成因の解明などの研究に取り組んでいます。

浮田 甚郎教 授気候システム・気象海洋学
久保田喜裕准教授資源・環境地質学
本田 明治准教授気象学、気候システム学
奈良間千之准教授地形学、山岳環境学、GIS
環境生物学大講座

 大講座では、生物の多様性を理解し、生物がどのように環境に適応しながら分化し、進化してきたのかを明らかにする研究を行っています。細胞生物学、発生生物学、遺伝学、分類学、生態学を専門とする教員がいて、それぞれ、環境適応に関わる細胞内小器官の相互作用解析、褐藻や魚類の種分化機構や系統進化の解析、魚類の形態進化やゲノム進化の研究、植物と昆虫の種間相互作用の解析、海底動物の生態や形態の解析などを行っています。

酒泉  満教 授遺伝学、動物系統学
宮﨑 勝己教 授無脊椎動物学、比較形態学
林 八寿子准教授植物細胞形態学、分子進化
上井 進也准教授植物系統分類学、藻類学
石崎 智美助 教植物生態学、生態遺伝学
藤村 衡至助 教動物進化発生、ゲノム進化
物質循環科学大講座

 大講座は次の三つの分野の研究を複数の教員が協力して行っています。物質循環解析化学では、気圏・水圏・地圏における物質分布と循環の解析や微量物質の分析化学的研究を行い、物質転換化学では、環境汚染物質の化学的変化や、太陽エネルギーを用いた化合物合成など物質の転換に関する研究を行い、機能性物質科学では、地球・太陽エネルギーを有効利用するための光・磁気ディバイス材料の物性と物理化学的性質を研究に取り組んでいます。

湯川 靖彦教 授無機化学
松岡 史郎教 授分析化学
副島 浩一教 授原子分子物理学、放射光科学
臼井  聡准教授物理有機化学、光化学
則末 和宏准教授分析化学、海洋化学