新潟大学理学部

  • 研究者リスト
  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
受験生の方へ
在学生の方へ
後援会・保護者の方へ
一般の方へ
教職員の方へ
ホームへ

学生の受賞・表彰

大桃 理志(自然科学研究科 博士後期課程) ― 優秀ポスター賞

2016年6月

 平成28年6月23日から24日に新潟大学ライブラリーホール(新潟市)で開催された第40回有機電子移動化学討論会において、大学院自然科学研究科・数理物質科学専攻化学コース・博士後期課程1年の大桃理志さんの研究発表が優秀ポスター賞を受賞しました。
 ジアザポルフィリンは、潜在的に高い可視光捕集能と電子受容性を持つことから、有機太陽電池や医療用色素の材料として注目を集めています。本研究では、電子供与性が高い置換基を外周部に導入したドナー=アクセプター型ジアザポルフィリンを新たに構築し、その光学特性および電気化学特性を詳細に調べました。さらに、得られた誘導体を構成要素とする色素増感太陽電池を作製し、そのデバイス特性を評価しました。その結果、ジアザポルフィリンを含む太陽電池としては最高の性能を示すことがわかり、分子設計指針の妥当性を実証することができました。

発表者:大桃 理志(新潟大学大学院自然科学研究科・博士後期課程1年)
(指導教員:俣野 善博 教授)
名称:第40回有機電子移動化学討論会 優秀ポスター賞
演題名:高い光捕集能を持つジアザポルフィリン誘導体の合成と色素増感太陽電池への利用
リンク:http://chem.sc.niigata-u.ac.jp/~eoc2016/

 

[ 一覧に戻る ]

 
新潟大学
(2016.6.28 新潟大学理学部 広報委員会)