研究紹介

山田研究室(物性実験グループ)

教員

研究分野

物性物理学(実験)

研究テーマ

  1. 新しい超伝導体の探査
  2. 高温超伝導体の高圧下の物性、圧力誘起超伝導の機構の解明
  3. 高圧下での結晶構造の解析
  4. 高圧発生装置の開発

研究概要

 世界で初めて超伝導現象が発見されたのは1911年でした。それから約100年、超伝導リニアモータカーやMRI検査装置など、超伝導体はほんの少しだけ身近にやってきています。そして新しい超伝導体のグループである高温超伝導体の発見からは約30年が経ちました。それらも少しづつ私たちの身の回りにやってくるでしょう。今、私たちが理学部物理学科で目指しているのは次の世代を担えるさらに新しい超伝導体の発見です。新しい超伝導体の発見のためには、今ある物質の超伝導の仕組みをより詳しく知る事が重要です。私たちはそのために、様々な新しい物質の合成を行いながら、(1)結晶構造の解析を通じて超伝導現象誘起の仕組みを明らかにする、(2)1万気圧以上の圧力を物質に加えることによって結晶構造を変化させて超伝導を誘起させる、ことを目指しています。

理学を目指すあなたへ

 私たちの研究は、物質を作るところから始めます。新しい物質を発想する想像力のある人や物質のすべてを明らかにしたいという探究心のある人にぜひ取り組んでもらいたい研究テーマです。