NEWS - 2020/05/01

自宅待機期間中の注意点について

理学部学生の皆さんへ

令和2年5月1日
理学部長 前野 貢

 学生の皆さんにおかれては,大学で通常行われるはずの授業・実習に代わるオンライン授業に,不安を感じながら参加されていることと思います。また自宅に待機する期間が長く続くことで,精神的に不安定になることも十分理解できます。理学部では,先日,自宅での学修をできる限り有意義なものにしてもらうために,学生に対して「オンライン授業に関するアンケート調査」をおこないました。アンケート結果に関連して,重要な注意点を2つあげます。

 アンケートでは,オンライン授業を複数の学生が同室で受講しているとの回答がありました。このような行為は,感染クラスターの発生リスクを高める極めて危険なことです。オンライン授業は,新型コロナウイルス感染拡大防止のための,いわゆる3密を防ぐためのものであるという趣旨を十分に理解していただき,適切な環境で授業を受けるようにしてください。また大学HPには,オンライン授業の受講ルールが掲載されておりますので,これについても再度確認してください。

オンライン授業の受講ルール
https://www.niigata-u.ac.jp/information/2020/70916/

 次に,自宅待機で情報が限られている中,隙をついて悪意のある集団が皆さんに(特に新入生の皆さんに)近づいてくることがあります。サークルを装う宗教・政治団体等(カルト)の勧誘には,学内外を問わず強い意志を持ってキッパリと断ってください。もし実際に勧誘を受けた場合は,学務部学生支援課「学生なんでも相談窓口」,理学部学務係,クラス相談員等に相談してください。

学務部学生支援課「学生なんでも相談窓口」
https://www.niigata-u.ac.jp/campus/attention/life/religion/

 政府は,5月6日までとしていた緊急事態宣言の期間を延期する方針を固めました。このことにより,学生の皆さんにとっては自宅で過ごす期間がさらに延長することになってしまいます。しかし,今は新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて,全国民が協力して乗り越えるための大事な時期であることをご理解いただき,様々な規制や自粛要請が解除されるまでの間,我慢して自宅等での学修に励んでくださるようお願いします。