新潟大学理学部

  • 研究者リスト
  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
受験生の方へ
在学生の方へ
後援会・保護者の方へ
一般の方へ
教職員の方へ
ホームへ

自然環境科学科

こちらは2016年度入学生までが対象の旧学科ページです。 新しいプログラムの概要はこちら

自然環境科学科概要

〜かけがえのない地球〜

 ―地球は青かった― これは,旧ソビエトの宇宙飛行士ユーリガガーリンさんが初めて宇宙から地球を眺めたときに発した言葉です。今その地球では,「人間と環境との調和」が大きな関心を集めています。この調和をより良いものにし,永く継続させていくことが21世紀の大きな課題となっています。 環境システムそのものは,複合的で多くの要因から成り立っています。したがって,私たちの学科では,物理学,化学,生物学および地学の基礎をしっかり身につけた上で,総合的な環境システムの研究に取り組むことを基本としています。講義,演習,実験,野外実習は有機的に構成され,少人数ゼミやインターンシップの特別科目も設けられています。また,環境問題は人間の社会生活や産業活動と密接に関連して生じているので,経済学・法学をはじめとする人文社会科学を勉強し,よりよい自然観を養うことも重要視しています。4年次の課題研究では,少人数の密接な指導を通して問題解決能力の育成に努めています。 卒業後は,地球規模の環境問題に取り組むことができる広い応用力を活かして幅広い分野で活躍しています。また,卒業生の約半数は大学院に進学し,さらに高度な研究に携わっています。


地殻表層部を構成する地形・地質の空中写真解析。空中写真を実体視(立体的に見る)することにより,様々な土地・環境情報を得ることができる。
[Air-photograph analyses of topographic and gelologic features consisiting of the surface of the earth crust. It is possible to obtain variable information on land and environment by stereographic view of the air-photographs.]

環境生物学野外実習:ブナの巨木に刻まれている生物多様性の秘密を探る。
[Outdoor practice of environmental biology: In the forest of giant trees, we try to approach the mechanism of the maintenance of the biological diversity.]

東アジア一帯の野生メダカ系統の遺伝子の多様性を調べ,日本のメダカの起源と進化を探ると共に,その貴重な遺伝子資源を使って,生物の連続性を支える有性生殖の秘密を解明する。
[By analyzing the genes of the medaka from a variety of sites in East Asia, we want to clarify the evolutionary history of the medaka in Japan. Using their genetic diversity, we investigate the mechanism of the continuity of life including the sex differentiation.]

電子散乱実験装置:原子・分子の励起過程を調べる
[Electron Spectrometer for the Study of Excitation Processes in Collisions of Electrons with Environmentally Important Molecules.]

物質が固体でも液体でも気体でも測定できる装置。レーザーを照射して物質の同定や構造を調べる装置。
[Laser- Raman spectrophotometer: Raman spectra are taken with gas phase, liquid, and solid samples.]

新機能性物質の開発に必須の装置。結晶にX 線を照射してその回折データから構造を決定するX線結晶構造解析装置。
[System of X- ray structure analysis equipments: the equipments determine a structure of new compound.]

 
新潟大学
(新潟大学理学部 総務委員会)