Maeno's Laboratory

Welcome to Maeno's Laboratory

Home

タイトルページです。

Objectives

研究の目的や意義を説明します。.

Development

発生とは何かを説明します。

Members

今年度の研究室メンバーです。

Activities

研究業績や活動状況をお知らせします。

Link

生物学科のホームページ

理学部のホームページ

新潟大学のホームページ

Updated 2016-6-3

 私たちの研究室では、アフリカツメガエル胚を用いて、個体発生過程における形態形成のしくみについて研究しています。

右の写真は発生中の胚です。赤い部分は、トレース用に赤い色をつけた別の個体の組織を移植した場所を示しています。そこから点々と細胞が移動していった様子が示されています。この点々はひとつひとつが胚性白血球(おそらくはマクロファージ)を示しています。

青い点々は白血球が特異的に発現する遺伝子をin situハイブリダイゼーションという方法で染色した結果です。赤い色と青い色は移植部位の後ろ側で重なりあっています。つまり、紫色に染まった細胞は移植組織から移動してきた白血球であることが示されています。

詳しくはObjectivesを見てください。

アフリカツメガエル胚側面図。赤い部分は移植した組織を示す。

image1

胴部の拡大図。紫色の斑点は移動した白血球を示す。

image2