事業概要事業概要

ご挨拶

新潟大学学長牛木 辰男

子供たちがワクワクする育成塾に

 新潟ジュニアドクター育成塾は、国立研究開発法人科学技術振興機構の次世代人材育成事業の平成31年度採択事業としてスタートしました。本事業は、小中学生を対象に、子供たちの科学の芽を育てることを目指すもので、新潟県の豊かな自然を舞台にして、本学の特色ある研究分野や留学生を活用して、自然・生物・人に関するさまざまな課題についての能動的学習の場を子供たちに提供するものです。1年目の昨年は、予定していた佐渡合宿が台風の影響で中止せざるを得ず、また今年は新型コロナウイルスの感染拡大による集会の制限があり、当初予定していたプログラムが実施できないということはありますが、オンラインを含め、可能な範囲でさまざまな意欲的な試みを進めたいと思います。子供たちがワクワクし、未来のサイエンティストを目指したくなる育成塾を目指しますので、皆様のご協力を改めてよろしくお願い申し上げます。

新潟大学理学部学部長前野 貢

 新潟大学は,昨年度よりJST次世代人材育成事業「自然と人の共生を科学する新潟ジュニアドクター育成塾」を実施しています。この事業では,理科・数学・情報分野の学習を通して,高い能力を有する小中学生を発掘し,さらに能力を伸長させることを目標とし,新潟独自のプログラムを開発・実施するものです。新潟県の子供たちがより科学に親しみ,科学的見地から社会の課題に取り組むことができるように,体験実習や研究の場を提供することは地方拠点大学である本学の務めです。本事業を通して,地域の子供たちに基礎科学を学ぶことの楽しさを実感してもらい,ひとりでも多くの,将来の新潟県や日本を背負って活躍する人材を育成することに貢献できればと願っております。本年は,コロナウイルス感染症拡大の影響により通常のような対面の授業・集会の機会が制限される可能性がありますが,オンライン授業システムなども活用して事業を進めていきます。小中学生の皆さん,是非楽しみにしていてください。

目的

新潟県の豊かな自然を舞台に、本学の特色である研究分野や教育施設、留学生を活用し、自然・生物・人に関する課題をグローバルな視点で理解し、自然と人間を愛し、共生を実現する未来の科学人材を育成します。

「人間興味力」「行動力」を重視した受講生の選抜を行い、一次段階のマスタープログラムでは、佐渡自然共生科学センターを活用した「佐渡合宿」による研究体験、脳研究所を含む本学諸分野の授業により、「データマネジメント力」「課題発見力」を高めます。
 二次段階のドクタープログラムでは、受講生自らが選んだテーマについて、研究室に所属して研究体験と成果発表を行い、連携機関・企業を利用した体験も加え、「課題解決力」を育成します。

ルーブリックによる評価基準や活動ノート作成により受講生の能動的学習を促し、修了後の科学への興味の継続性を担保し、高校・大学への進学へとつながる人材育成を目指します。

目的目的

実施体制

図をタップして拡大図を御覧ください。

全体像

対象

小学校5、6年生、中学生

概要

  • 本育成塾では、算数や理科への好奇心が強く行動力・人間興味力が高い地域の児童・生徒を発掘し、その能力・資質を育成する2段階の教育プログラムを実施します。
  • 第1段階の「マスタープログラム」では、数理科目やデータサイエンスの科学講座や、地域の施設(植物園、博物館、大学研究所、企業工場など)での体験学習を通じ、課題発見力を育成します。
    第2段階の「ドクタープログラム」では、受講生自らが選んだテーマについて、研究室に所属して研究体験と成果発表を行い、連携機関・企業を利用した体験も加え、課題解決力を育成します。