佐渡島にある臨海実験所

新潟大学理学部附属臨海実験所は、日本海に浮かぶ佐渡島にあります。透き通るような海、豊かな自然をはじめ、岩礁帯や砂浜など様々な海岸環境があるのが佐渡島の特徴です。豊かな海洋生物相を利用して、臨海実験所では海洋生物の多様性と適応進化についての教育研究を行っています。また、佐渡島には、新潟大学の森・里・海の3つのフィールドワークステーションが揃っており、3施設が連携した、森里海をつなぐ生態系の機能についての教育研究も推進しています。これらの連携以外にも、他大学と広く連携し、佐渡島というフィールドを活かして、海洋生物の多様性と生態系の機能の理解のための新しい教育研究プログラムを提供しています。

臨海実験所では、新潟大学の学生や全国の大学生、県内の高校生を対象とした臨海実習を行なっています。磯や砂浜での海洋動物の採集や分類、ウニの発生実験などを行う基礎的な海洋生物学実習に加え、森里海の生態系のつながりを学ぶ野外生態学実習や海洋動物の生理機能や行動のしくみを学ぶ生理生態学実習など、佐渡の豊かな海洋生物相を活かした様々な実習を行っています。その他にも小中学生や社会人を対象とした講義や研修、施設見学も行っています。

臨海実験所では、海洋動物を研究材料に、生殖内分泌学、神経内分泌学、行動生態学に関する研究を行っています。現在は、主にフグ、カジカ、メダカ、ハゼ等の魚類や棘皮動物門のウミユリ類を研究対象としています。臨海実験所では、大学院生を広く募集しています。佐渡島で海の生き物について研究してみたい方、臨海実験所の研究内容に興味を持った方、また離島で研究生活をしたい方は大歓迎ですので、お気軽にご連絡下さい。

講義・実習の日程

H30(2018)年度 臨海実験所における講義、実習の予定

臨海実験所では、国公私立を問わず全国の大学の学生、研究者、および教職員による実習等を受け入れています。下のリンクにある日程表をご参考の上、臨海実験所にお問合わせの上利用申請を行ってください。

対象:学内および他大学
2018年度の講義、学内実習、教育関係共同利用実習の日程(日程表

実習(一般、他大学向け)

(2018年4月14日 updated)

【高校生対象公開臨海実習】(ポスター PDF)
対象:新潟県内の高校生、理科教育関係者 期間:2018年8月4日(土)~8月7日(火)(3泊4日)
申込締切:2018年7月6日(金)
新潟大学公開講座の受講申込方法に従ってお申込みください。
*理科教育関係者(引率教員)の参加申込については、臨海実験所までお問い合わせください。



他大学対象公開臨海実習
公開臨海実習についての詳細はこちら

【公開臨海実習「佐渡・国際臨海実習コース」】
期間:2018年7月28日(土)~8月1日(水) 4泊5日
シラバス

【公開臨海実習「佐渡・海洋生物学コース」】
期間:2018年8月27日(月)~9月1日(土) (5泊6日)
シラバス

【公開臨海実習「佐渡・森里海の連携学コース」】
期間:2018年9月9日(日)~9月13日(木) 4泊5日
シラバス

【公開臨海実習「佐渡・生理/発生学コース」】
期間:2019年3月4日(月)~3月8日(金) 4泊5日
シラバス


実習(学内向け)

(2018年4月14日 updated)

【系統動物学】 (対象:理学部理学科2年生など)
2018年7月9日(月)~7月12日(木) (3泊4日)
両津港から臨海実験所までは往路、復路ともに送迎バスを用意しますので、島内の交通費は不要です。
シラバス
申込締切:2018年6月15日(金)

【臨海実習I】 (対象:理学部生物学科3年生)
2018年8月27日(月)~9月1日(土) (5泊6日)
#本実習は、他大学向けの公開臨海実習「佐渡・海洋生物学コース」と合同で開催します。また、両津港から臨海実験所までは往路、復路ともに送迎バスを用意しますので、島内の交通費は不要です。
シラバス
申込締切:2018年6月22日(金)

【個性化科目 森・里・海フィールド実習】 (対象:全学部生)
2018年9月9日(日)~9月13日(木) (4泊5日)
#本実習は、他大学向けの公開臨海実習「佐渡・森里海の連携学コース」と合同で開催します。また、両津港から臨海実験所までは往路、復路ともに送迎バスを用意しますので、島内の交通費は不要です。
シラバス

【春の佐渡・公開臨海実習「環境生物学野外実習C」】(対象:全学部1-3年生)
2019年3月4日(月)~3月8日(金) 4泊5日
#本実習は、他大学向けの公開臨海実習「佐渡・生理/発生学コース」と合同で開催します。また、 両津港から臨海実験所までは往路、復路ともに送迎バスを用意しますので、島内の交通費は不要です。
シラバス
申込締切:2019年1月28日(火)

過去の講義・実習の日程一覧へ

ニュース&トピックス

国際臨海実習 International Marine Biology Course (IMBC) 2018 を開催しましたNew!

2018年7月28日から9月1日にかけて、国際臨海実習 IMBC 2018を開催しました。臨海実験所では3年前から英語による国際臨海実習を行っていますが、今年はJSTさくらサイエンスプランによる経費支援を受けてアメリカとインド・バングラデシュ・ベトナムなどのアジア圏の計10大学から学生20名と教員5名を受け入れ、さらに当実験所のバングラデシュからの留学生ラーマンさんとルーハンさんを始めとする大学院生も参加して、なかなか大規模な開催となりました。実際に海に出ての活動に加えて、受け入れた教員には専門分野の講義も行ってもらいました。海洋生態学などを専門的に学んでいる学生にとっても、美しい佐渡の海に生息する生物の多様性は印象的だったようです。帰国してからも、それぞれの国の海洋環境や生物多様性についてより興味をもって学んでもらえると思います。

group photo

Link:ブログ記事レポート(英文:PDF 1.5MB)


#新聞やTVニュースでも取り上げられました

2018年7月30日 NSTプライムニュース 「佐渡で臨海実習 海外の学生 海の多様性学ぶ」
2018年8月8日 新潟日報 「島の海は学びの宝庫」
2018年9月5日 Mathrubhumy (インドのマラヤーラム語の新聞)

(updated on 2018.9.26)

伊藤くんが学会で優秀賞を受賞しました!

2018年3月14日から18日に札幌コンベンションセンターで開催された第65回日本生態学会大会において、当臨海実験所に所属する伊藤くん(M2)の研究発表がポスター賞・優秀賞を受賞しました。
Ito poster
動物の精子は、種によって非常に多様な大きさや形をしています。その進化要因として、交尾行動や、卵への受精を巡って精子同士が競い合う精子競争などが関わっていると考えられていますが、詳細は分かっていませんでした。海産カジカ科魚類は、一般的な魚のように交尾を行わない種に加え、交尾を行う種が進化した非常に珍しいグループです。本研究では、海産カジカ科魚類の精子を調べることで、交尾行動や精子競争が精子の形質に与える影響の解明に迫りました。日本、北米の37種のカジカ科の精子の形態や運動性を比較したところ、交尾の進化に伴って精子頭部の形態や運動環境が変化したことが分かりました。また、精子競争レベルの増加に伴い、精子全長が長くなるとともに遊泳速度が速くなることが明らかになりました。さらに、これらの精子の形質が北米と日本とで平行進化したことを、世界で初めて示しました。

発表者:○伊藤岳 (新潟大学大学院自然科学研究科博士前期課程)・守田昌哉 (琉球大学)・柴小菊・稲葉一男 (筑波大学)・宗原弘幸・山崎彩 (北海道大学)・ 古屋泰則 (岐阜大学)・武島弘彦 (総合地球環境学研究所)・安房田智司 (大阪市立大学)

名称:第65回日本生態学会大会 ポスター賞優秀賞

演題名:多様な繁殖様式を持つカジカ科魚類における交尾行動と精子競争に関係した精子の平行進化

(updated on 2018.4.5)

新潟大学佐渡3施設合同学生発表会を開催します

新潟大学の佐渡3施設(臨海実験所、演習林、朱鷺・自然再生学研究センター)は、合同で学生たちの研究発表会を開催します。一般の方々にも、我々がどんなことをやっているのか知っていただきたいと思いますので、ぜひこの機会に奮ってご参加ください。

以下、演習林ブログより
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
平成29年度 新潟大学佐渡3施設合同学生発表会
日時:2月24日(土)13:00〜17:30
場所:トキ交流会館(佐渡市新穂潟上1101-1) 1階 大ホール

森、里、海で研究している13人の学生さんが発表予定です。
詳細なプログラムはこちら(PDFファイル)。

◎事前申し込み不要です。
◎どなたでも参加していただけます。
◎途中参加、退出も可能です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(updated on 2018.2.6)

新種の珍渦虫論文が公開されました

chin-uzumushi 大森紹仁助教の参加する研究グループが、日本近海で初めて珍渦虫を採取することに成功し、それが新種であることを明らかにしました。

珍渦虫は脳や肛門を欠くきわめて単純な体を持ち、その生態も謎に包まれていますが、後生動物の進化を解明する上で重要な動物です。本研究では、日本近海で初めて珍渦虫を採取することに成功し、採取された新種の珍渦虫から新たな器官を発見しました。この種を用いて研究を進めることで、動物の起源や進化の過程を探る上で興味深い新知見が得られることが期待されます。

本研究成果は、2017年12月18日付で、BMC Evolutionary Biology誌にて公開されました。

詳細については、筑波大学および東京大学のホームページをご覧ください。


筑波大学 該当ページ: https://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201712181000.html
東京大学 該当ページ: http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/info/5682/

(updated on 2018.1.4)

ニュース&トピックス一覧へ