理学部の求める学生像

理学部アドミッションポリシー

教育理念・目標

教育・研究の理念

私たちはこれら二つの役割を果たすことにより,純粋科学の発展に貢献するとともに社会からの要請に応えます。

教育目標とその施策

私たちは,次のような施策に基づき,基礎的な専門知識と深い教養に基づく総合的な判断力と高い倫理観を身につけた人材を育成し,社会に送り出します。

このような教育により,学生一人ひとりの個性を伸ばし,学業と人格形成の両面で自信と誇りをもって卒業できる人材を育てます。

教育内容・特色

理学科での学修は,数学と理科の全分野に対応した7つの主専攻プログラム(数学プログラム,物理学プログラム,化学プログラム,生物学プログラム,地質科学プログラム,自然環境科学プログラム,フィールド科学人材育成プログラム)からなります。それぞれの主専攻プログラムでは,数学や理科の体系的教育を通して,理学全般の基礎と主専攻の専門的知識を身につけるとともに,種々の現象を理論や実験を通して理解し,的確に表現できる能力を身につけます。また,充実した野外実習科目を通して,野外の様々な場面で必要となる知識と技術と,それらを統合して多様な分野のフィールド活動に応用できる能力を身につけます。特に地質科学プログラムとフィールド科学人材育成プログラムではフィールド教育に重点がおかれます。

入学後は,入試の試験区分や選抜方法によらず,理学科の学生として理学の基礎教育を受け,理学の全体像を把握した後,2年次半ばに各主専攻プログラムへ移行します。

数学,物理学,化学,生物学,地質科学の各主専攻プログラムでは,主専攻の専門性を深める専門力プログラムと,主専攻だけでなく他専攻との学際分野も学ぶ総合力プログラムのいずれかを選択して履修します。自然環境科学プログラムでは,専門性を深めるために必要となる多分野の理学的知識を身につける専門力プログラムを履修し,またフィールド科学人材育成プログラムでは,理学部と農学部の授業を取り入れた独自のプログラムを履修します。

以上の各プログラムによって,それぞれの分野のエキスパートとして社会における諸問題に的確かつ柔軟に対応し解決する能力を育成します。

求める学生像

理学科は,理論,実験,あるいは野外観察の知識と方法の習得を通じて能動的な学習態度を身につけ,さらに習得した知識と方法を実践することによってより高度な専門的課題や社会の諸問題に臨機応変に対応し解決できる能力を身につけたいと考える人を求めています。特に,数学や理科に興味を持つとともに他分野への応用にも関心がある人,数理や自然の法則の探求に興味を持って取り組む人,また,理学の各専門分野に意欲的に取り組む人,そして,様々な個性や多様な能力を生かして,自らを成長させ,社会に貢献したいと考えている人を積極的に求めています。

入学後の学修のため,数学は下記の科目の内容を履修していることが望まれます。また理科は,下記の科目のうち複数の科目およびその基礎科目の内容を履修していることが望まれます。(※)

数学:数学Ⅰ,数学Ⅱ,数学Ⅲ,数学A,数学B
理科:物理,化学,生物,地学

※これらの科目の履修は、出願の必須要件ではありません。

入学者選抜の基本方針

一般選抜(前期日程)

選抜方法A:
数学,理科,外国語の基礎学力,なかでも数学および理科の基礎学力に重点をおいて選抜します。
数学
理科(物理,化学,生物,地学から1科目)
外国語
選抜方法B:
理科や数学の広い分野の基礎学力と外国語の基礎学力をはかり,選抜します。
数学,物理,化学,生物,地学から2科目
外国語
選抜方法C:
理科や数学の広い分野の基礎学力にくわえ,フィールドワークや野外を対象とする自然科学分野に対する意欲と適性を面接ではかり,選抜します。
数学,物理,化学,生物,地学から2科目
面接

一般選抜(後期日程)

推薦入試

第3年次編入学試験のアドミッション・ポリシー

第3年次編入学試験のアドミッション・ポリシーはこちら