フィールド科学
人材育成プログラムフィールド科学の学びと実践

フィールド科学のすすめ

フィールドに出て、見て、触れて、調べて、野外の課題に対応できる実践力を身につける!

オリジナルサイトをみる

フィールド科学とは?

本プログラムは、理学部と農学部の教員が協働で授業や実習を担当する新しい学部横断型プログラムで、「生態学」・「環境動態」・「災害科学」の3つの柱からなります。「生態学」は生態・森林再生・保全学、「環境動態」は海洋・気象学、地形・地質学、「災害科学」は自然災害科学・砂防学・防災学などがあり、これらをまたがる多彩なフィールド科学分野の講義および実習科目が用意されています。これらの豊富な科目群の学修やフィールドでの実習体験を通して、野外の様々な場面での問題解決に必要な科学的知識と実践的な技術を身につけます。

お勧めポイントは?

理学部と農学部のフィールド科学に関する講義を履修できます。フィールドに関する高度な専門的知識・技術とそれを現場で活用できる実践力を身につけることができます。

五十嵐浜での海浜植物スナビキソウの地下茎の調査

研究の特徴は?

理学分野と農学分野、さらに関連する研究所の研究室で研究活動が可能です。臨海実験所、演習林、朱鷺・自然再生学研究センター、災害・復興科学研究所との協働体制をとることで、生物や環境の長期調査・モニタリングを実施できる機会を提供し、より実践的な研究を行います。

柏崎市上空の気象を観測するラジオゾンデ放球の様子

教育の特徴は?

理学分野における生態学、海洋科学、気象学、地形・地質学等の基礎科学と、農学分野における野生植物・野生動物生態学、森林再生・保全学、砂防学、リモートセンシング等の応用科学、それに災害復興科学研究所における斜面災害、雪氷防災などの防災学に関する講義に加えて、演習林(山岳)、朱鷺・自然再生学研究センター(里地・里山)、臨海実験所(海)で実施されるフィールド実習を通して、基礎から応用にいたる幅広い知識・リテラシーを身につけることができます。

佐渡・達者における底生生物の調査

授業紹介

生態学

自然界で生物は単独では生きておらず、周囲の物理的・化学的環境や他の生物との相互作用を通して、生態系を構成しています。この講義では、生物の進化や分布に周囲の環境が与える影響を学び、それらが時間的・空間的に変化し生物多様性を生み出すことを学びます。

寒冷地形学

ヒマラヤやアルプスなどの世界の山岳地域では、近年の温暖化の影響で雪氷圏が大きく変化し、氷河や永久凍土の融解に起因する氷河災害や斜面災害が生じています。本講義では、氷河や、永久凍土などの周氷河環境などの基礎を学び、寒冷地形や雪氷圏変動を対象とする人工衛星画像とGISを用いた解析手法についても学びます。

環境物理学

我々を取り巻く自然の環境ではエネルギーと物質の輸送・交換が絶えず行われています。地表面付近の大気・陸面・水面・生態系の間のエネルギーや物質の輸送・交換過程を、物理量(温度、湿度、風速、日射量など)を用いて物理の法則に基づいて定量的に評価する方法を学び、生態系を含めた自然環境システムの仕組みの理解をします。

海洋化学

海洋は、生態系や水産資源の保全,海洋汚染,酸性化,気候変動等の人類を取り巻く重要課題と深く関係した地球システムであり、このような海洋の仕組みとそれを化学的なアプローチで紐解く方法を学びます。具体的には、海洋のフィールド観測に不可欠な海洋学的パラメター、生物海洋学及び海洋物理学の基礎を踏まえ、化学物質の分布を支配するメカニズム、生態系・炭素循環に果たす化学成分の役割、および海洋物質循環の解析法を学びます。

気象解析実習、地形解析実習

気象解析実習では、Fortran のプログラミング言語を用いた気象データの解析手法や、天気図の作成法と高層天気図の見方について学びます。地形解析実習では、地理情報システム(GIS)の使い方、GIS と衛星データや地形図を用いた地形変化の解析手法、空中写真の地形判読について学びます。

海洋フィールド生物学実習

海洋にはすべての動物門の生物が生息しており、体制の単純なものから複雑精緻なものまで多種多様である。本実習では、佐渡島の沿岸から河口、河川に至る様々な水圏フィールドで基礎的な生態調査法を学ぶ。そこに生息する多様な海洋生物を採集し、それらの体の構造や発生、生理機能、行動、生態について学ぶことを通して、海洋生物の形態や機能、生態の多様性とその進化を理解する。

ほかにも魅力的な授業科目がたくさんあります!

フィールド安全論、樹木学、環境砂防学、生態学、系統分類学、環境分析化学、野生動物生態学、環境物理学、水環境工学、野生植物生態学、地形学、森林環境論、流域環境GIS、保全遺伝学、測量学、土環境工学、構造デザイン工学、森林保全学、流域水文学、地球環境化学、古環境学、環境地質学、里地里山再生学、水圏・水環境学、環境政策論、リモートセンシング、雪氷防災学、河川工学、森林遺伝育種学、環境経済システム論I、森林再生学, 海洋化学、寒冷地形学, 温暖化メカニズム・影響学、斜面災害論, 水文地質学、希少生物保全学、技術者倫理・自然環境関連法規、水圏生態学、地質災害論、環境統計学、フィールドワーカーのためのリスクマネジメント実習、防災系演習及び実習、地形解析実習、フィールド科学インターンシップ、海洋フィールド生物学実習、気象解析実習、地質フィールド実習、測量学実習、野生動物植物生態学実習、地形フィールド実習、生態系管理演習及び実習、グローバル防災・復興学、自然再生学実習、災害・復興科学演習及び実習、GIS・リモートセンシング実習、卒業論文

インド洋における船上での海洋観測

新潟県大白川での積雪断面観測

研究の紹介

顕著な大気現象を捉える

本田明治 准教授

 新潟県は「気象のデパート」と言ってもよいくらい多彩な気象がみられます。また日本でも有数の多降水地帯で、しばしば豪雨や豪雪に見舞われます。更に竜巻などの突風現象による災害が多いのも特徴です。このような顕著な大気現象が捉える目的で、大気海洋システム研究室では新潟市が運用する地上気象観測網、上空の降水粒子の動きを観測する気象ドップラーレーダーよりオンラインで気象データを収集及び監視・解析してウェブサイトに表示する「新潟地域リアルタイム風情報システム」を運用しています。また、風情報システムに実装された領域気象モデルによって、準リアルタイムで豪雨・豪雪・突風現象等を迅速に検出・解析し、災害発生機構の解明を目指す「準リアルタイム解析システム」の構築を進めています。
 豪雨、暴風雨、突風などの顕著な大気現象は、しばしば上空に寒気を伴った低気圧(寒冷渦)を伴っていることに最近着目しています。寒冷渦は半球スケールの大気循環場変動に伴って、上空の偏西風の大きな蛇行によって極側の寒気が切り離される現象です。寒冷渦は、災害をもたらすような大気現象にも関わらず、一般には地上天気図では明瞭に見られません。しかしながら渦位と呼ばれる保存性の高い物理量を指標とすると、寒冷渦に伴う上空の寒気の追跡が可能となります。この特性を利用して、当研究室では寒冷渦の形成発達過程をモニタリングする「顕著大気現象追跡監視表示システム」を構築・運用し、災害をもたらすような寒冷渦の特徴を明らかにするとともに、その早期検出も目指しています。
 このように当研究室では、多様な時空間スケールを持つさまざまな現象の階層構造に着目して、災害をもたらすような顕著な大気現象の発現メカニズムを、グローバル・ローカル双方の視点による全く新しいアプローチで明らかにしていくことを目指しています。

研究者リスト

各研究者の氏名は新潟大学研究者総覧の研究者データ、研究紹介のページにリンクしています。

分野等 スタッフ
理学部
理学部附属臨海実験所
農学部
農学部附属FC佐渡ステーション
朱鷺・自然再生学研究センター
災害・復興科学研究所

就職状況

卒業後は、フィールドで課題を解決できる実践力を生かして、国内外のさまざまな分野で活躍することが期待されています。さらに研究活動を継続したい学生は、新潟大学大学院に進学することにより特色ある最先端のフィールド科学研究に取り組むことができます。

就職先の例(順不同)

一般企業:環境・建設・水産コンサルタント、環境アセスメント、グリーンインフラ関連技術者、航測関係企業、造園・緑化関係企業、自然保護NPO、報道機関、エコツアーガイド、山岳ガイド、学芸員(博物館・植物園) など
公務員:国土地理院、防災科学研究所、国際協力機構(JICA)、環境省、国土交通省、気象庁、水産庁など