理学部の求める学生像

理学部アドミッションポリシー

教育理念・目標

新潟大学理学部は、自然界の構造と仕組みについて真理を探究する基礎科学研究を推進するとともに、社会から要請される広い応用分野に基礎学問領域から貢献することを目指します。本学部は、次のような施策に基づき、科学技術の基盤となる理論と方法の創出を担う人材と、基礎科学を基盤にして現代社会が直面している多様な課題に対応できる人材を育成し、社会に送り出すことを教育目標とします。

  1. 理学の各分野における系統的・段階的な講義履修体系の編成
  2. 理学の複数分野を横断する学修目標に基づいた講義履修体系の編成
  3. 理学の共通基盤形成に必要な演習・実習科目の設置
  4. 課題解決力の育成を目的としたアクティブ・ラーニング科目の設置
  5. 社会との連携を重視したインターンシップの推進
  6. 学生の進路意識の向上を図るキャリア教育の推進
  7. コミュニケーション力育成を重視した国際交流の推進

教育内容・特色

理学科での学修は、数学と理科の全分野に対応した7つの主専攻プログラム(数学プログラム、物理学プログラム、化学プログラム、⽣物学プログラム、地質科学プログラム、⾃然環境科学プログラム、フィールド科学⼈材育成プログラム)からなります。それぞれの主専攻プログラムでは、数学や理科の体系的教育を通して、理学全般の基礎と主専攻の専⾨的知識を⾝につけるとともに、種々の現象を理論や実験を通して理解し、的確に表現できる能⼒を⾝につけます。また、充実した野外実習科⽬を通して、野外の様々な場⾯で必要となる知識と技術と、それらを統合して多様な分野のフィールド活動に応⽤できる能⼒を⾝につけます。特に地質科学プログラムとフィールド科学⼈材育成プログラムではフィールド教育に重点がおかれます。

⼊学後は、⼊試の試験区分や選抜⽅法によらず、理学科の学⽣として理学の基礎教育を受け、理学の全体像を把握した後、2年次半ばに各主専攻プログラムへ移⾏します。

数学、物理学、化学、⽣物学、地質科学の各主専攻プログラムでは、主専攻の専⾨性を深める専⾨⼒プログラムと、主専攻だけでなく他専攻との学際分野も学ぶ総合⼒プログラムのいずれかを選択して履修します。⾃然環境科学プログラムでは、専⾨性を深めるために必要となる多分野の理学的知識を⾝につける専⾨⼒プログラムを履修し、またフィールド科学⼈材育成プログラムでは、理学部と農学部の授業を取り⼊れた独⾃のプログラムを履修します。

以上の各プログラムによって、それぞれの分野のエキスパートとして社会における諸問題に的確かつ柔軟に対応し解決する能⼒を育成します。

求める学⽣像・⼊学者に求める学⼒

入学者選抜方法

一般選抜(前期日程)

⾼校卒業程度の基礎学⼒を⾝につけ、特に数学と理科について⼗分な基礎学⼒がある⼈を選抜する。
⼤学⼊学共通テストでは、5教科7科⽬の幅広い基礎学⼒をはかる。
個別学⼒検査では、多様な能⼒と意欲をもつ⼈を受け⼊れるため、検査項⽬とその評価の重点の異なる以下の3つの選抜⽅法を設定し、そのいずれかによって選抜を⾏う。

〇理数重点選抜:数学、理科、外国語の基礎学⼒、なかでも数学および理科の基礎学⼒に重点をおいて選抜する。
数学
理科(物理、化学、⽣物、地学から1科⽬)
外国語
〇理科重点選抜:理科の広い分野の基礎学⼒と外国語の基礎学⼒をはかり、選抜する。
物理、化学、⽣物、地学から2科⽬
外国語
〇野外科学志向選抜:理科や数学の広い分野の基礎学⼒にくわえ、フィールドワークや野外を対象とする⾃然科学分野に対する意欲と適性を⾯接ではかり、選抜する。
数学、物理、化学、⽣物、地学から2科⽬
面接

⼀般選抜(後期⽇程)

⾼校卒業程度の基礎学⼒を⾝につけ、⼤学での学習意欲の⾼い⼈を⼀括して選抜する。
⼤学⼊学共通テストでは、5教科7科⽬の幅広い基礎学⼒をはかる。
⾯接では、⼤学での学習意欲や適性、およびコミュニケーション能⼒をはかる。

学校推薦型選抜

⾼校卒業程度の基礎学⼒を⾝につけ、特定の主専攻プログラムへの明確な志望動機があり、数学や理科に対する知的好奇⼼や探究⼼があるとともに学習意欲の⾼い⼈を主専攻プログラム単位で選抜する。なお、フィールド科学⼈材育成プログラムでは学校推薦型選抜は⾏わない。

総合型選抜

⾼校卒業程度の基礎学⼒を⾝につけ、特に数学や理科に関するテーマで主体的な探究の学習成果をもつ⼈を⼀括で選抜する。
⼤学⼊学共通テストでは、4教科6科⽬の幅広い基礎学⼒をはかる。
本学が実施する試験では、数学や理科をテーマとするプレゼンテーション発表と⼝頭試問によって主体的な探究の学習成果、各主専攻プログラムに対する興味や関⼼、⼤学での学習意欲や適性、およびコミュニケーション能⼒をはかる。

第3年次編入学

専門分野に関わる基礎的な学力を有するとともに、これまでに培った知識、能力を基礎として、さらなる学習に積極的に取り組むことができる人を選抜する。