理学部コロキウム

 理学部の先生方がどのような研究を行い、どのような成果を あげられているかをお互いに知りあい交流するために、2002年度から理学部コロキウムを開催しています。

 以下の要領で理学部コロキウムを開催します。
教職員、学部生、院生のみなさん、是非参加くださるようご案内致します。 学外の方も歓迎です。


第110回 理学部コロキウム

業績がよい企業の見つけ方:
データ包絡分析法による事業体の相対評価
数学プログラム 山田 修司 教授
日時:
2019年10月23日(水)16:30 ~ 17:40
場所:
理学部B棟3階303講義室

 「業績のよい企業」とはどのような企業のことでしょうか。例えば、企業を比較するためのデータ項目が「従業員数」、「売上高」の場合、各企業の業績の評価値は 「売上高/従業員数」で簡単に計算でき、各企業の業績を比較することができます。しかし、データ項目が多いとこのような計算で業績の評価値を計算できないため、各企業の業績を比較することは簡単ではありません。

 今回の講演では、事業体の相対評価の手法として発展したデータ包絡分析法、さらにデータ包絡分析法と大域的最適化手法を組み合わせることで企業への業績改善指標を提案する手法について、分野外の方や学部学生を想定して分かりやすくお話いたします。

コロキウム問い合わせ先: 湯川 靖彦
yukawa@env.sc.niigata-u.ac.jp