新潟大学教育研究特別シンポジウム
中高生のためのシンポジウム

消えた反物質の謎とCP対称性の破れ

ノーベル物理学賞受賞 小林誠先生に直接質問してみよう!

 本学では,県内の中高生等に世界トップレベルの研究者のエピソードも含めた講演を直接体感し,科学への関心を高めてもらうことを目的に,新潟大学教育研究特別シンポジウム~中高生のためのシンポジウム~を開催しています。
 今年は,「消えた反物質の謎とCP対称性の破れ」と題し,高エネルギー加速器研究機構(KEK)特別栄誉教授,名古屋大学特別教授の小林誠先生をお招きします。
 小林誠先生は,CP対称性の破れの起源の発見により2008年ノーベル物理学賞を受賞されました。我々の宇宙における「消えた反物質の謎」を解き明かすCP対称性の破れとはなんでしょうか?その発見のエピソードも含めて,中高生の皆さんにもわかりやすくお話して頂きます。また,現在KEKで進行中のCP対称性の破れを探る「Belle II 実験」について,遊佐洋右先生(新潟大学理学部)にお話して頂きます。
 質問コーナーの時間には,小林先生へ直接質問する時間を設けました。ふるってご参加ください!
 中高生だけでなく,在学生や地域の方も自由にご参加いただけます。ぜひお越しください。

日時:
2020年4月19日(日)13:30~17:00(12:30受付開始)
会場:
朱鷺メッセ 4F 国際会議室(マリンホール)
〒950-0078 新潟市中央区万代島6番1号
https://www.tokimesse.com/
対象:
どなたでも参加できます。
申込:
不要。ただし,学校単位での参加を希望される場合は
事前に下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
参加費:
無料
お問合せ先:
新潟大学理学部事務室(電話番号025-262-6101)
パンフレット
 

過去のシンポジウム